介護タクシー事業許可について



 

  「介護タクシー事業」(福祉輸送限定・車両5両未満)をやりたい場
  合も、
「事業許可」をとらなければなりません。

 
 「介護タクシー事業」をやりたい方は、以下のことを確認しましょう!
  

 
なお、以下の記載は、関東地方の某県をベースにして記載
   しております。
自治体やケース、個々の事情による違い
   ありますし、許可をとるにあたり、
他にも詰める点がたくさん
   あります。
以下の記載が全てではありませんのでご注意くだ
   さい。
   
  





@    「介護タクシー」に乗客頂く方


  ここでいう「介護タクシー事業許可」事業下のタクシーは、誰でも乗客頂けるタクシー
   ではありません。



  ・ 介護保険法上の要介護認定や要支援認定を受けている方
  ・ 身障者手帳をお持ちの身障者の方
  ・ 以上の他、肢体不自由、内部障がい、知的障がい及び精神障がいその他障がいを
   有する等により、単独での移動が困難な方であって、単独でタクシーや公共交通機関
   を利用することが困難な方
  ・ 付添いの方

                         に乗客頂けるタクシーです。





A      営業区域について


  営業区域が「都道府県」をベースに限られています。

  
例えば、A県で許可をとった場合、乗客頂く方が乗った場所または降りた場所の
 どちらか一方が「A県内」である必要があります。
 「乗り降りが共にA県内」または「A県で乗せて他県で降ろす」または「他県で乗せて
 A県で降ろす」のどれかである必要があります。






B     事業所の場所について


   事業所の場所について、以下の制限にかかっていないか?
       
(自治体ごとにさらに制限がある場合もあるので注意!)

     
・  都市計画法上の制限(開発行為上の制限)
     ・  農地法の制限
     ・  建築基準法や消防法上の制限






C    「車庫」と「休憩所」も必要です


 
「車庫」「休憩所」は、事業所に併設している、又は、事業所から一定の距離内にあ
 る必要があります。






D  「介護タクシー」に使用する車について


  「介護タクシー」に使用する車は、「介護タクシー用」に車検・登録し、「緑ナンバー」
  取得する必要があります。

  「セダン型一般車両」または「福祉車両」を使用

  運転者には
「2種免許」が必要

  車の保険額も一定の「掟」が有   
                                等






E     必要な「資格」について

  
「セダン型一般車両」を使用する場合、乗務者は、以下の「資格」または「研修終了」
  のうちのどれか
を取得している者である必要があります。

   ・ 介護福祉士
   ・ 訪問介護員
   ・ 居宅介護従事者の資格を有する者
   ・ ケア輸送サービス従事者研修の修了者




※ 「福祉車両」を使用する場合、乗務者は、以下の「資格」または「研修終了」のうちの
  どれかを取得している者
である努力義務があります。

   
(事業の性質上、以下の「資格」や「研修終了」取得を強くお勧め致します)

   ・ 介護福祉士
   ・ 訪問介護員
   ・ サービス介助士
   ・ 福祉タクシー乗務員研修の修了者
   ・ ケア輸送サービス従事者研修の修了者

  
   


  
「資格」の取得費用については、資格取得費が一部国から補助される資格も
   ありますので、「雇用保険」の加入期間もチェック!
    






F   「運賃」の認可も必要です


    
「運賃」についても、「認可」を受ける必要があります。

    「距離制」をとる場合、タクシーメーターの設置も必要。


  



G    「個人事業」形態もOKです




H       許可後のこと



  許可をもらい、事業を始めた後、
毎年、「事業報告」をする必要もあります。
            (収入や運行状況等について)







I     介護保険について  



  乗客頂く方の介護保険の適用ですが、運賃にダイレクトに保険適用されるわけでは
  ありませんが、介護保険の適用を考えた場合、
「訪問介護事業所」の指定を受ける
  ということも考えられます。


     
「訪問介護事業所」の指定をもらうには、例えば・・・・・


  ・ タクシー以外の介護事業を行う必要がある
  ・ 「法人」である必要がある
  ・ 「管理者」「サービス提供責任者」「訪問介護員」が必要
    (「サービス提供責任者」「訪問介護員」は、一定の資格者である必要有)


          
等の、様々な条件をクリアしなければなりません 






  
以上、介護タクシー事業許可(福祉車両限定・車両5両未満)
    についての
概略、「外枠」です。他にも詰めるべき点は多々
    あります。



 
 許可申請の条件や許可がとれるかどうかについては、自治体
 
 や地域事情、個々の諸事情、ケース等による違いがあります
  で、ご注意ください。


 当事務所では、以上、介護タクシー事業許可についてのご相談
 や申請手続きも承っておりますので、ご気軽にどうぞ!




問い合わせ、手続きのご依頼はこちらから

メール相談窓口はこちら


業務案内のページへ


当事務所サイトトップページへ




















inserted by FC2 system